• 昭和55年、全地盤対応の小口径管推進工法として開発される。特に推進地質の中でも困難とされていたN値30以上の玉石混じり砂礫層を、安全かつ高精度に施工することが可能。
  • 開発と同時にその特性が業界に認知され、全国的に施工実績が増大したことにより、昭和60年、建設省都市局下水道部(現:国土交通省都市・地域整備局下水道部)監修の下水道用設計積算要領の小口径管推進工法編において「オーガ掘削鋼管推進工法」として標準歩掛かりが策定された。
  • 社団法人 日本下水道管渠推進技術協会での分類では、小口径推進工法の中に「鋼製サヤ管方式」のオーガ方式という名称にて掲載され、現在に至っている。

小口径管推進工法とは?

上下水道管、電力電話ケーブル管の敷設にあたり、鉄道や道路あるいは河床等の横断工法として主に使われます。
また、既設の建物や道路の下部に、トンネル構造物を建設するためのアンダーピニングとしてパイプルーフを布設する工法としてもつかわれています。

「サヤ管工法」(「鋼製サヤ管方式」)とは?

鋼管を使用して地中に布設し、この内空を利用する方式。
各種の掘削ビットを利用して鋼管を地中に埋設し、その鋼管内を社会整備基盤である上水道・下水道・ガス・電気・通信等のライフラインにサヤ管を利用する。
また、これらライフラインの計画精度を保つため、地中内の許容範囲に埋設するように方向修正機能を持っている工法である。

オーケーモール工法は、国土交通省で公表されている標準歩掛かりのオーガ掘削鋼管推進工法として位置づけられており、下記のように積算分類されている。

・オーガビットの交換が可能
施工中に予測できない玉石・岩盤に遭遇した場合には、ビットを交換することにより対応できる。
・孔曲がり測定・修正が常時可能
常時、孔曲がりを監視測定しながら、孔曲がりの発生次第即座に修正できる。
・施工構造がシンプルかつ強靱
推進管内に油圧ホース・電線等を配置しないため、機械的トラブルが少ない。
・出来形の管路が堅固
竣工出来形が堅固で、地震等の衝撃に強い。
・長距離推進が可能
多重管方式・ドッキング方式等の応用により長距離推進が可能である。

      トップページ  ごあいさつ   オーケーモール工法の概要   工法種類と施工手順  適用地盤の範囲
        オーケーモール工法の推進法    使用機械    協会会員一覧    本部支部事務局所在地